<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
MIND OF SCREEN 9/14放送 一部抜粋、要約あり
20代前半って、男性特にそうなんですけど、思うようにならないでしょ。
まあ女性もそうかもしれないな。
一番辛いのが20代前半ですよ、きっと。
社会的なことだったり、自分のやりたいことであるとか、
こう経済的なこともそうなんでしょう。
お金もなくて、まあ、遊びたくても行けなくて、時間もなくて、
仕事に追われて、それでもやっぱり、彼女が好きだ、っていうような。
で、若い頃って、女性の方がなんか、生き生きとして見える。
男の子にとってね。
で、初期のラブソングの中に例えば「彼女の”Modern...”」って
曲だとか、「more than love」って曲だとか、
女性の日常を描いたラブソングもあるんですよ。
でも「I LOVE YOUをさがしてる」みたいな視点では女性を見ていない。
女性を見る視点っていうのが違いますね。
だから、なんていうんでしょうね。
自分の方が、こうちょっと、女性よりも、まあ、ひいてるっていうのかな。
だから、「君のことが好きだよ」っていう風に、
「君しかいないんだよ」っていう風に言ってるんだけれども、
俺は本当にこの人にふさわしい俺であることが
出来ているんだろうかみたいなことが
どこかもどかしくって、だからこそ言葉が強くなっちゃって
「お前しかいないんだ」って言っちゃうみたいなところがね、
多分若い頃のラブソングの特徴なのかなと思ったりするんですね。

そう考えると、「I LOVE YOUをさがしてる」の
「涙も笑顔も僕に預けて」
あの一節がもう必殺の一節ですね。あそこで泣きましたもん。
泣きそうになった。
「俺に預けてくれよ」って言えるんです。男が。
それは20代では言えないでしょうね。
初期のラブソングは10代の頃に書いたものが多いですから、
そんなことは言えないですよ、「俺に預けてくれ」なんてことはね(笑)。

I LOVE YOUに代わる言葉を探しながら、「愛してる」にたどり着くんですよ。
| GLAY | - | -
YOU MAY DREAM
夢とか希望とか、それが偽善に響く世の中であったとしても
ロックバンドには夢とか希望とかを歌い続けていて欲しいなと思う。

YOU MAY DREAM、BEAUTIFUL DREAMER、
夢や希望を時に苦い現実と共に歌う曲たちに、
長年追っていたはずの夢さえ
もはやただの執着としか呼べなくなっているような今の私に、
夢を見ることはまだ許されているのだろうかと
混じりけのない夢の欠片を受け取ったあの頃と同じように
手を振りながら思うのだった。

賽を振る時はきっともうすぐなんだろう。
今は、その前の静けさだ。
それを、私はどんな風に迎えるのだろう。
| GLAY | - | -
LOVE IS BEAUTIFUL
LOVE IS BEAUTIFUL (初回限定盤)(DVD付)
LOVE IS BEAUTIFUL (初回限定盤)(DVD付)
GLAY

久しぶりに発売日前日に購入。なんか少し嬉しい。
少しずついつもの感覚に戻っていく感じがする。
やっぱりここが還る場所なのかなぁ・・・。

仕事も、マイペースでやれてるかな。
今はサーバのマニュアルとにらめっこで勉強中。
ようやくそういう仕事になりましたとさ。
無理はせず頑張ろ。
| GLAY | - | -
今日と言う日が明日という日が絶望ばかりの毎日でも
GLAYさんアリーナツアーの横浜アリーナに行って来ました。
体調にも、精神状態にも、波があってなかなか落ち着かない状態なのですが
ようやく今まで楽しい!と思えてたことを楽しい、と思えるように
なった、のかな。

とりあえず2日間ライブを見てこれる体力が戻ってきただけでも
良しとしましょうか。
久しぶりに楽しい!と思えたような気がします。

以下、ツアー始まったばかりでネタバレになるので感想は以下に。

続きを読む >>
| GLAY | - | -
| 1/5PAGES | >>